読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANA初心者マイル 進行中

はじめたばかりのANA陸マイル生活の挑戦の記録

マイル脱線~ANAの羨ましいお話

今日は更新が少し遅れてしまいました。すみません。

今回は陸マイルから脱線して、知らなくてびっくりしたANAの話を。

 

昨年、自腹でハワイ旅行に行ったのですが、知り合いもその前年に家族でハワイ旅行に行っていました。おススメのレストランや、ハワイの情報を聞いたりしていたのですが、ふいにエアラインの話になりました。

 

というのも、その知人は結婚前はANAのCAをしており、現在もANAで働いているのです。関西からホノルルへはANAの直行便は飛んでいません。どのエアラインにしたの~?という話の流れだったのですが「ANAが飛んでたら1割で行けたんだけどねぇ」と…。聞けばANAの職員はANAの国内線は無料、国際線は1割負担だというではないですか。利用できる回数や、事前予約はできず当日空席やキャンセルがあれば乗れる、という条件があるそうですが、初耳だった私はびっくり。

 

ANA以外のエアラインであれば、3割負担で予約もできるので、今回はそちらにしたそうです。大阪から無料で東京に行き、東京からANA直行便で1割負担で行くという選択肢もあったのですが、平日でもホノルル便は満席のことが多く、かろうじて4人全員乗れても座席が離れてしまったり、最悪2人分しか座席の空きがなく別れて出発になるリスクもあるそうで。

 

子どももまだ小さいし、旦那の休みも限られてるから、確実な方にしたのよ~。高くついたわ~とぼやいていましたが、家族4人で12万ちょっとだったそう。12万!ハワイにそんな価格で行けてしまうなんて!

 

もちろん、その人はCAになるために並々ならぬ努力をし、今もばりばりと働いているからこその福利厚生なのでしょう。でも一般市民からしたら羨ましい限りです。

 

実は私は語学系の大学を卒業していて、先輩や後輩、同級生に、国内・外資を問わず航空会社に進んだ人はたくさんいます。あの頃遊び歩いてばかりではなくて、真剣に語学と向き合って、航空会社に就職活動を行っていれば…。たらればですね。

 

私は私でマイルを貯めて、頑張っていくとします!

初心者陸マイラーが、やってみようかなと思っているFX案件

初めてのFXを終えて、難解だなと思っていたハピタスのポイント獲得条件文も少し理解できるようになりました。

 

  1. 最初に入金するお金が10万円以内
  2. 取引の条件が簡単なもの

 

これを条件に探してみると、ちょうどハピタスセレクションで、FXが特集されていました。キャンペーンはこの日のものなので、終わっているものもありますので、参考までに。

f:id:kamitsuremama:20170224121003j:plain

 

私は2つ申し込んでみました。SBI FXトレードと、外為ジャパンFXです。それぞれの条件は下の通りです。

 

SBI FXトレード

  • 1万円以上の入金+1通貨以上の取引完了

外為ジャパンFX

  • 初回入金5万円以上+1lot以上の取引完了

 

外為ジャパンFXは、私が初めてやったDMM.comと同じ条件です。SBI FXトレードはさらに簡単で、1米ドルの取引でいいそうです。1米ドルといったら、今日のレートでは1ドル112円。売買のタイミングが悪く、マイナスになってしまっても112円です。なんだかすごく簡単そうですよね。

 

上手くいけば、数百円で32,000ポイントが獲得できます。マイルに換算すると28,800マイル。家族4人で沖縄旅行の夢も、達成できそうです。

 

こちらはまだ申し込んだばかりなので、取引の感想などはまた後日に書こうと思います!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス  ←ハピタスはこちらからどうぞ!

 

初心者陸マイラーがFXをやってみた感想

初めてのFXは、初心者に一番おススメだと書かれていた、DMM.com証券にしてみました。

 

口座開設や、本人確認書類のアップロードなどはクレジットカードの手順とほぼ同じで、スマホがあればすぐに完了します。それから数日後、IDとパスワードの書面が届き、いよいよ挑戦です。

 

ログインして、

f:id:kamitsuremama:20170224112009j:plain

 

FX取引ツールのDMM FX PLUSを開きます。

f:id:kamitsuremama:20170224112127j:plain

 

 

f:id:kamitsuremama:20170224112255j:plain

 

すると、目まぐるしく変わっていく数字、黒い画面。この時点でかなりビビります。

メニューからクイック入金(ネットバンキングを利用している方ならすぐできます。)へ進み、条件の5万円を一括入金します。ここでのポイントは一度に5万円。分割で入金したら、ポイントがつかなくなるので、ご注意ください。

 

あとは、「買う」なり「売る」なりの、赤か青のボタンを押します。他にややこしい設定はなかったです。どちらか押したら、そのまま注文へ進めばおしまいです。

 

ここでのポイントは、ボタンを押したらすぐ、もう一方のボタンを押すこと!

買ったなら一瞬で売る、売ったなら一瞬で買う、が鉄則です。FXで利益を出したい方は、ご自由にどうぞなんですが、マイルだけ欲しい方は一瞬で。

 

ちなみに、買うときもドッキドキだった私は、どうやったら売れるか分からず、慌てている間に、どんどん損益が上昇して、心は一気にダークに。(買った時から、今がいくらマイナスなのかプラスなのか、リアルタイムで表示されます。)

 

よく考えたら、トランプ政権が始まったばかりで為替は変動しまくり。なんでこんな時期に初心者がFXをやってしまったんだろうと、どんどん値上がりする損益に涙目です。プラスになんて転じそうにもなく、数時間かければプラスにもなったかもしれませんが、怖くてそんなに待てず、損益の値が減るタイミングを見計らって数分後に、ここだ!と思って売りました。

 

陸マイラーさんのブログには、瞬時に取引して為替に変動がなければ30円で済むとか、たまたまプラスに転じて最終的に儲けたとか書いてありましたが、初心者の私にはボーダーが高すぎたようです。

 

最終的に350円のマイナスでした。

 

そしてここで!必ず忘れないでください。取引が終わったお金は、ポイントがつくまでそのままにしておいてください!私は安堵感からすぐさまお金を出金しなくちゃ、と全額出金予約してしまったのですが、そこまでしてから、ふと手元にあった陸マイラーさんのブログ(FXの記事を参考にしながら、PCで取引してました。)を見ると、「ポイントを付与する段階で、全額出金処理をされている、もしくは口座解約をした場合、ポイントはつかない」と書いてあるではないですか。

 

こちらさらに厳しく、再度入金も対象外、なんです。

数分のことだったので、出金予約は無事に取り消せましたが、ポイントがつくまで、不安な日々でした。もし、この部分を見落として全額出金してしまっていたら…。無駄に緊張して、350円損して、ポイントも貯まらない。三重苦です。

 

ぜひぜひ、気を付けてくださいね。

 

さて、気になるポイント判定ですが、2/7にFX取引をしてポイント判定は2/23でした。2週間ちょっとでついたので、とても早かったです。350円で、18,000ポイント(16,200ANAマイル)もらえたことになります。

 

難しいか、難しくないかと聞かれれば、正直、難しかったです。どうしてもハイリスクという言葉が浮かびますし、すぐ売買を終わらせればそんなにお金がかからないということも頭では理解していても、やはり初めての取引はどっと疲れました。

 

しかし、一度やってみて流れを理解できたので、FXでいいのがあれば挑戦してみようと思えるようになりましたよ!

陸マイル活動 半年間のリアル報告③~禁断の?FX篇

前回、前々回までは、必要経費を除き、ほぼノーマネーで陸マイル活動を行ってきました。

 

ここにきて、クレジットカード発行も少し控えています。単に、自分ルールを満たす好条件の案件に出会えないことも理由ですが、春先にクレジットカード案件が活気づくという情報を聞きかじり、待ちの状態です。

 

ちまちまと貯めるのは、楽天やヤフーでのネットショッピングに任せて、あとはポイント対効果というか、手間とポイント数をはかりにかけて(もちろんノーマネーは前提です。)これなら空き時間にやってもいいな、と思う案件をぼちぼちこなしてきました。

 

そんなこんなで、気づけばハピタス換算でおよそ65,000ポイントを貯めることができました。マイルにすると、58,500マイル。ソラチカカードの入会キャンペーンで獲得予定の6,000マイルを合わせると、64,500マイル。目標の72,000マイルまであと8,000ちょっと。半年で、ほぼノーマネーで、ここまで貯められるなんて思ってもみませんでした。

 

さて、クレジットカード発行も控えているし、当分大型案件の予定はないしな~と、日課になった陸マイラーブログに目を通していると、FXについて書かれていました。

 

FX。なんだか分からないけれど、先物取引、株損失、一夜で暗転、でかい借金、破産宣告。勝手なイメージですが、実に怖いので、今までブログもさっと目を通すだけでした。さらにFXは、レバレッジといって自分の元手のお金の何十倍もの金額を取引することができるという点が、怖くて仕方ない。

 

しかし、陸マイラーブログには、FXは怖くないよ。損と言ってもたかだか数百円だよ。それでポイントは大きくもらえるんだから、おススメできるよ。と書いてあります。

 

本当に? そんなオイシイ話があるの?

 

でも考えてみれば、半年前はそもそも陸マイル活動に半信半疑だった私。時には失敗しつつも、陸マイルブログを参考に、分からないなりに一歩一歩進めてきたら、本当に簡単に64,500マイル貯めることができたじゃないかー。(まだ全てをマイル交換できていないので、64,500マイルは手元にありませんが。)

 

怖くないよというのなら、それを信じてやってみよう!ノーマネーが信条だけれど、数百円なら、許容範囲だ!

 

ということで、次回は初めてのFXについてです。

 

陸マイル活動 半年間のリアル報告②~ほけんの相談、その他篇

前回からの続きです。

kamitsuremama.hatenablog.com

 

クレジットカードの補足ですが、当初ハピタス一本でやると決めていたのですが、1~2回ソラチカルートをこなしていくと、なんとなく流れが分かってきました。ちょうどそのあたりで、ドットマネーは月末に好条件のクレジット発行案件が出やすいという情報を得て、探してみました。

 

また、ちょびリッチも、好条件のクレジット発行案件が出ていると知り、登録しました。ソラチカルートを理解できたら、あとは良い情報を得るだけです。良い情報はハピタスを眺めているだけではゲットできません。毎日、陸マイラーブログにたくさん目を通すこと。これが一番の秘訣だと思っています。

 

それでは、その他の活動報告です。

  1. ネットオフ ブランド&総合買取コース
  2. ネットオフ 本&DVD買取コース
  3. カーシェアリング『カレコ』
  4. 保険ポイント.com

内容とポイントは以下の通りです。こちらもまた、当時のキャンペーンに基づくポイント数ですので、参考までにご覧ください。

  1. 通常700ptが、4,500pt
  2. 通常450ptが、600pt
  3. 2,400pt
  4. 通常6,000ptが、9,500pt

1、2のネットオフの買取は、段ボールも無料で送ってもらえ、玄関まで集荷に来てくれます。ブランド&総合買取コースは1,000円以上、本&DVD買取コースは500円以上の買取金額という条件がありましたが、使わなくなった約10年前のブランドのバッグと、本棚を整理して出てきた本や漫画、DVDで問題なくクリアできました。家に眠っていたものが、ポイントになり、買取金までもらえるんです。

 

こちらも、集荷は家まで来てくれるし、振り込んでもらう口座もスマホで登録しておくだけ。家から一歩も出ません。ちょうど断捨離中でたくさん手放したいものがあったので、こちらも助かりました。

 

3のカーシェアリングは、オンライン入会完了が条件でした。カレコは初期費用無料、月会費2ヶ月無料です。ハピタスのポイント判定までの期間は約30日。

f:id:kamitsuremama:20170222141940j:plain

つまり、ハピタス経由で入会して約1ヶ月でポイントがつき、やっぱりやめようかなと退会しても2ヶ月以内であれば、一切料金が発生しないのです。元手がかからず、2,400ポイント、マイルにすると2,160ANAマイルがもらえることも。

 

もちろん、カーシェアリングを考えていてこれを機に申し込みたいな、と思っている方は、ただ申し込むよりハピタス経由でポイントをもらった方が断然お得です。知らないと知っているとでは大違いです。我が家もカーシェアリングたびたびお世話になっていますが、とっても使いやすいです。

 

カレコは現在も2,400ptのキャンペーンをしています。

気になる方は、ハピタスからどうぞ。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス ←このバナーからハピタスにとべます。

 

最後の4の保険相談は、さすが陸マイル活動の三本柱。ポイント数も大きいですね。こちらは面談やアンケートなどがあり、家でラクラクとはいかないですけど、現在の保険の問題点や無駄、課題などを分かりやすく説明してもらえました。いろいろ考え直すいい機会だったな、と思います。

 

そんなこんなで、クレジット発行案件以外で合計17,000ポイント。マイルにすると15,300マイル。15,000マイルあれば、レギュラーシーズンに大阪‐那覇の往復ができます。このマイル、元手が一切かからずにゲットすることも可能なんです。

 

 

陸マイル活動 半年間のリアル報告①~クレジットカード篇

週末に、家族がインフルエンザになりバタバタしていたら、ブログのストックがなくなり、あわてて書いてます。日にちはあっという間に過ぎていきますね。

 

あっという間といえば、2016年8月に陸マイル活動をはじめて、半年になりました。ここまでの活動報告をしていきたいと思います。

 

この半年、まず私が取り組んだのは、クレジットカード発行でした。その後ほけん相談と、対象を広げていくのですが、まずはクレジットカードのまとめを。

 

調べてみると、食事モニター(食事した金額の何%もしくは上限いくらと取り決められたポイントがもらえる)や、商品モニター(特定の商品を購入すると、最高で購入額と同額のポイントがもらえる)などあると知ったのですが、できるだけお金をかけずにマイルを貯めることに専念しました。

 

なのでこの半年に貯めたポイントは、すべて家の中にいてゲットしたものです。お店に出向いたり、食事をしたり、商品を探し求めてスーパーやコンビニのはしごなんて無関係です。スマホで申し込んで、動くといったら、郵便配達とほけんの相談員が来た時に玄関に出向いたぐらいでしょうか。

 

まずは、クレジットカードです。

前回書いた、VIASOカードが陸マイル活動のスタートでした。

kamitsuremama.hatenablog.com

  1. NICOS VIASO カード(年会費無料)
  2. ソラチカカード(初年度無料・2年目以降 税別2,000円)
  3. yahoo! JAPAN カード(年会費無料)
  4. セゾン インターナショナルカード(年会費無料)
  5. セゾン ゴールド AMEX カード(初年度無料・2年目以降 税別10,000円)

半年で5枚のカードを発行しました。5のセゾンカードは初年度で解約するつもりです。2のソラチカカードはマイルを貯める上で必要不可欠なので、2年目以降の年会費は経費のうちと考えています。

 

気になるポイントですが、発行時のキャンペーンなので、もちろん現在はやっていません。年会費無料、もしくは初年度無料でどれぐらいのポイントが好条件かの目安として、見てくださいね。

  1. ハピタスで12,000pt
  2. 公式キャンペーンより発行
  3. ハピタスで8,000pt プラス 11,111 Tポイント
  4. ドットマネーで12,000pt
  5. ちょびリッチで21,200pt(ハピタスでいうと10,600pt)

2のソラチカカードは公式キャンペーンで、入会特典1,000マイル、ANAキャンペーン参加登録500マイル、25万円以上決済で4,500マイル、合計6,000マイル獲得予定です。

 

3のyahoo! JAPAN カードは、ハピタスのポイントはそんなに魅力的ではありませんが、11,111 Tポイントが大きかったので申し込みました。

 

ソラチカ以外のカードは、ハピタスポイントで換算すると合計42,600pt、マイルにすれば38,340マイルになります。ソラチカのキャンペーンで獲得予定のマイルと合わせると44,340マイルですね。

 

4万マイルあれば、ハワイに大人1人行けますね。家にいながら、お金をかけずにこれだけ貯めることができました。私は自分で決めたルールに沿って、良い案件が出るまで待ったのでこんな感じですが、もっと本格的に活動されてる方はもっともっと貯めることができると思います。

 

次回は、続きを書いていきたいと思います。

陸マイル活動で重要なのは毎月3日と13日

いろいろな陸マイルブログを読んで、各ポイント移行には締日と確定日があることを学びました。この締日から数日遅れるだけで、ポイントの反映がさらに1ヶ月遅れてしまうことも。

 

というわけで、またもや簡単ルール、作りました。

ややこしい説明はひとまず横に置いて。

【陸マイル活動で重要なのは毎月3と13日】

覚えておくのはこれだけです。

 

ちなみに、ハピタスメインでポイントを貯めてマイルにしている初心者マイラーのための日です。他のポイントサイトを利用されている場合は、他にも気を付けなければいけない日も増えていきます。

 

では、毎月3日と13日に何をするのか。

3日はハピタスからドットマネーに交換申請する日です。ハピタスのポイントは貯まり次第どんどんドットマネーへ交換するのがベストですが、私は前回お話したように、月・木曜日しかハピタスを見ません。そして、ハピタスのポイント判定は月末につくことが多いです。

 

kamitsuremama.hatenablog.com

 

3日というのはハピタスからドットマネーへの移行期間に猶予をとってー、だとか、ドットマネーからメトロポイントの交換締日がー、だとかあるのですが、数字がたくさんでてきても混乱するだけなので。

 

『一番効率よく、所持しているポイントをマイルに交換していくには、3日の時点でついているハピタスのポイントをすべてドットマネーに交換申請をしておくこと。』

これだけ理解しておけば、月末についたハピタスポイントを取りこぼすことなく、メトロポイントへの移行に乗せることができます。

 

そして、13日。この日は、2つすることがあります。

  • ドットマネーからメトロポイントに交換申請
  • メトロポイントからマイルに交換申請

正確な締日は15日なのですが、15日に設定してしまうとつい忙しくて忘れてしまった時に取り返しがつかないので、私は余裕をみて13日と決めています。

 

締日とはなんぞや、という話ですね。

 

例えば、「Aさんは2月15日にドットマネーからメトロポイントに交換申請をしました。Bさんは2月16日にドットマネーからメトロポイントに交換申請をしました。」とします。

 

すると、、、

  • Aさんのメトロポイントは3月11日につきます。
  • Bさんのメトロポイントは4月11日につきます。

たった1日の差で、1ヶ月もずれこんでしまうのです。メトロポイント→マイルも同じ締日なので同様のことが起こります。せっかく貯めたポイント、スムーズに早くマイルにしたいですよね。

 

【毎月3日と13日】ぜひ覚えておいてくださいね。

 

ちなみに、申請したポイントがちゃんと反映されたか知りたいときは、【毎月5日と11日は確認日】で覚えてください。

 

5日はマイルが反映され、11日はメトロポイントが反映される日です。前月13日に申請した2つのポイントが交換されているか確認できますよ。