読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANA初心者マイル 進行中

はじめたばかりのANA陸マイル生活の挑戦の記録

三大柱以外の陸マイル活動~私なりの好案件の見分け方

クレジットカード発行、ほけん相談、FXが大量マイル獲得の三本柱ですが、それ以外でもちょこちょこアンテナを張っていると、いい案件に出会えます。

 

元手ゼロをモットーに、今まで紹介してきたもの以外で私が実際にやったのは、こちら。

  1. 資料請求
  2. 楽天マガジン
  3. TSUTAYAディスカス
  4. hulu
  5. U-NEXT

資料請求はその名のとおり資料を請求するだけ、その他は無料期間があるので、一通り楽しんだ後に解約しています。

 

気になるポイントですが、その時のキャンペーン案件もあり、現在とポイント数は違うこともありますので参考までに。

  1. 5社に資料請求するだけで合計5,300pt
  2. 200pt
  3. 1,000pt
  4. 600pt
  5. 1,200pt

2はポイント数というより、すぐに反映されるのでポイント移行するのに足りない端数を補うために登録したのですが、いろんな種類の雑誌を読むことができて、かなりお得に感じました。最近はほとんど雑誌を買わなくなっていたし、電車の待ち時間や、ちょっとした休憩時間にさっと目を通すことができて、意外と使い勝手がよかったです。

 

3~5は、3つとも登録するとさらに200ptがもらえるというキャンペーンでした。なので3つ登録すると合計3,000ptになります。

 

全て合わせると、8,500ポイント、マイルに換算すると7,650マイルになります。7,650マイルあっても、閑散期の東京→大阪片道分の航空券しか発券できません。でももし、クレジットカード決済でマイルを貯めようとしたら、100円で1マイルが大半のクレジットカード会社の相場です。つまり、7,650マイルをクレジットカード決済で貯めようと思ったら、76万5千円も使わないと無理なんです。

 

それが、家にいて、元手ゼロで、スマホ片手にマイルを貯めることができて、かつ映画や雑誌が見放題なんです。どういうからくりなのか、世の中って不思議だな、と未だに思います。

 

ちなみに、私は本来めんどくさがりなので、他にも良さそうな案件がいくつかあるんですが、手を出していません。精力的に活動されている陸マイラーの方から怒られても仕方ないのですが、例えば資料請求。他にもらえるポイントが多いものもあったんですが、条件に資料の送付だけでなく、電話がかかってくるとありました。あちらからしたら、新規顧客を獲得したいための資料送付なんですから、当たり前です。が、申し訳ないけど、興味がない分野の資料に関して電話がかかってくるのはめんどくさいです。

 

ほけん相談も、ポイントが大きいので一度やってみました。それはそれでよかったですが、今のところ当分いいかな、と思っています。見知らぬ人とメールや電話でやり取りをして、予定を組んで、家にきてもらい、話すというのは結構体力つかいます。強引なセールスはないですし、話を聞いたうえで入らなくても全然構わないと言われましたが、やっぱり、その後にどうですか?というお伺いの電話、ちょっと苦手でした。

 

無料期間に退会しますとメールなりHPから手続するだけの方が、気分的にラクでそういう案件を探してばかりいます。笑

 

でも、これだけ案件を選び、ゆるゆると陸マイル活動をやっていても、目標の72,000マイルがあと2ヶ月後には手に入るのです。陸マイルという言葉を知らなかったら、クレジットカードで720万円分、使わないともらえないマイルです。

 

情報って大事だな、と改めて思いました。