読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANA初心者マイル 進行中

はじめたばかりのANA陸マイル生活の挑戦の記録

ANAとスターアライアンスと特典航空券

ANAに乗ると、お決まりのアナウンスがあります。「本日はスターアライアンスメンバー ANAをご利用いただきまして~」のくだりです。

 

帰省といえば交通手段が飛行機だった私。生後1ヶ月で乗ったのが初めての飛行機で、学生になって親元を離れてからもANAスカイメイトにお世話になり、今でも帰省はもっぱらANAです。

 

スカイメイトとは、搭乗日当日に空席があった場合、普通運賃の約半額で乗れるという学割みたいなサービスです。対象は22歳までで、事前に所定の申し込み手続きをしてカードを作ります。顔写真入りの学生証みたいなカードです。帰省したい日に、空港に出向いてカウンターでそのカードを提示すると、その時点で空席に余裕があればすぐに発券してもらえますし、空席が残りわずかな場合や満席の場合はキャンセル待ちの番号を伝えられます。

 

正規の料金を払う人が優先なので、キャンセル待ちとなると次の便になったりしていましたが、たいてい乗れていた記憶があります。次の便になっても、暇を持て余している学生だったので、空港内をぶらぶらしたり本を読んだりして時間をつぶしていました。夏はよく高校野球を空港のモニターで見たものです。

 

話が逸れました。暗記できるほど聞いたアナウンスの「スターアライアンス」ですが、航空会社には3つの航空グループがあります。スターアライアンスワンワールドスカイチームです。

 

f:id:kamitsuremama:20170315144451j:plain

 

ANAスターアライアンスに属していて、複数の航空会社が連携することでお互いの運行や乗客へのサービスをカバーしあったりしています。よくコードシェア便って聞きますよね。ANAで予約したのに、当日乗ったのは、共同運航便でユナイテッド航空の飛行機だったとかありますよね。あれです。

 

そして、マイルに関しても連携しています。ANAのマイルで、スターアライアンスに加盟している航空会社の特典航空券も取れるんです。ANAを含め28社の飛行機にマイルで乗れるなんて、旅行先の選択肢も増えていいですよね。

 

ちなみに、私が学生時代にお世話になったスカイメイトは現在無くなっていますが、それに代わる新しい制度があるようです。長くなったので、そちらは次回。